モトグッツイのバイク査定の特徴

バイク王の無料査定の本当の評判は? > > モトグッツイのバイク査定の特徴

モトグッツイのバイク査定の特徴

モトグッツイは1921年、イタリアのロンバルディアに創立されたイタリア最古のバイクメーカーです。

戦前には様々なレースにも積極的に参加して好調な成績を残すなど、高性能なバイクの設計という面に関しては非常に高い技術を有しています。

市販車においてはイタリア警察や軍へ車輌を納入するという実績を有しており、公道を走行するバイクの設計という点に関しては世界各国で高い評価を得ています。

ですがこのモトグッツイというメーカーにおいては行動走行を想定したツアラーモデルのみではなく、スポーツモデルやレーシングも出るといったモデルを発表することもあり、そうしたモデルは製造されるたびに世界各地で話題となります。

このメーカーのバイクの製造拠点は海外に存在しているため、日本国内に存在するものはほぼ全てが輸入によって日本に流入したものです。

輸入車に対しては様々な税制度が存在していますので、新車となるとどれも比較的高額となります。

そのため中古車への需要は高く、この事実はバイク査定においても非常に有利となります。

ですがバイク査定において注意しなくてはならないのが、改造車は「特殊な車輌」とみなされることが多々あるということです。

特にモトグッツイ製のバイクはオーナーにとっての特別感が非常に強いものであるため、オーナーはそれぞれに自分の好みに手を加える傾向があります。

メーカー純正ではない部品などを使用して過度に手を加えてしまうと、場合によっては製品が本来持っている性能を損なってしまっていると受け取られることがあるのです。

加えてメーカー純正ではない部品を使用したバイクというものは、バイク査定の場において「安全性がかける」と判断されることもあり、そういった判断を受けたものに関しては、手が加えられているにもかかわらずノーマル車の価値よりも低い価格での取引がされることがあるのです。

改造したモトグッツイのバイクをバイク査定に出すことを想定しているのであれば、取り外した純正部品などは残しておき、査定の際にはノーマル状態に戻してから査定依頼を行う、もしくは査定を受けた際にメーカー純正部品を同時に提出するなどの工夫が必要となるでしょう。





バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り