バイクを購入した時の書類がなくても大丈夫?

バイク王の無料査定の本当の評判は? > > バイクを購入した時の書類がなくても大丈夫?

バイクを購入した時の書類がなくても大丈夫?

バイクを購入した際に受け取った書類で、紛失しても再発行が出来ないものはほとんどありません。

バイク査定の必要なのは、125cc以下のバイクは標識交付証明書、125ccを超え250cc以下であれば軽自動車届出書、250ccを超えるバイクは車検証、そして自賠責証明書です。

これらも再発行は可能です。

購入した際に受け取った書類の中には、バイク本体の取扱説明書や保証書、中古であれば中古車認定証、カスタマイズしていればカスタムパーツの取扱説明書や保証書、整備手帳などがあったでしょう。

またローンを組んでいたのであれば、その契約書や支払い計画書も受け取っていたはずです。

取扱説明書などは紛失していれば自らメーカーから取り寄せることも出来ますし、買取業者がそれを行うことも出来ます。

ただし買取業者がそれを行うとうことであれば、そのコストはバイク査定額から差し引かれることは考えられます。

これらの中で紛失していると少々困るものが、保証書やローンの契約書、整備手帳などです。

保証書の再発行は保証期間が過ぎていれば対応できない可能性も高いですし、ローンの解約書も残債のある無しにかかわらず、再発行が難しいと考えられます。

保証書は切れていても購入時期や購入店などが明記されていますので、査定には有利な情報と成り得るものです。

整備手帳も同様です。

これらが無いことが即バイク査定額を低めることにはなりませんが、あったらバイク査定額アップに繋がったかもしれない材料です。

紛失は大変残念です。

ローンの契約書や支払い計画書をなくしていると困る場合は、ローン残債一括精算の額を調べる時です。

紛失しているからといって解決する手立てがないということではありませんが、若干手間がかかります。

また完済していても所有者名義がローン会社になったままで所有者解除を行っていない場合には、その前にバイク査定を行う時に「完済している」ということを証明できないということになります。

これも解決できない問題ではありませんが、できるだけ早く買取を利用したいというときには、時間のロスを生みます。





バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り